top of page
検索
  • 執筆者の写真いまだ金時ブログ主

8月のオンラインサロンのテーマ

更新日:2023年12月7日

経済的自由を目指せ!

1)1万円でできる感動体験

夏休み間近でもあり、皆様のオススメ体験を気軽に投稿よろしくお願いします。


2)重要書類や印鑑の保管方法

サロンメンバーの方から質問をいただきました!

質問)

いつも楽しく拝見しています。

皆様に伺いたいことは、重要書類や印鑑の保管方法についてです。

多少なりとも資産形成をすすめた結果、書類や印鑑の保管方法に悩んでおります。

医師免許も含め、今は家の中で分散して保管しています。

火事があった際にまとめて持って逃げれず、泥棒に入られると鍵もないため盗まれるだろうな、と自覚しています。

そこで、どのように保管するべきか、を現在思案中です。

大きくは、貸金庫or自宅保管の2パターンとなると思います。

貸金庫は安心できますが、審査や空きがあるかなど確実に借りれるかわかりません。また、必要なときにいちいち取りに行くのが面倒と思います。

自宅の場合、設置型の金庫を考えました。

盗難防止を考えると数十キロの金庫が適していますが、賃貸のため設置自体が難しいです。

手提げ金庫も考えましたが、簡単に持ち逃げできるため、防犯としては役に立たないのではないかと思います。

そうなると、防犯面はさておき単にカバンにまとめておくのが良いのだろうか?など悩んでいます。

皆様はどのように保管されているでしょうか?


3)中国経済に注視せよ!リーマンショック再来はあるのか?! 

米国で不動産開発大手・中国恒大集団が破産法申請しました。

他の大手不動産会社も軒並み苦境に喘いでおり、中国の金融システム問題にまで発展する可能性があります。

そして、不動産業者だけではなく、地方政府の隠れ借金である債務残高1300兆円の地方融資平台(LGFV)も危うい状況です。

もちろん日本も対岸の火事ではありません。2008年のリーマンショックでは、米国以上の被害を受けました。リーマンショックでは、ベアー・スターンズ破綻やモノライン危機から約半年で発火しました。

今回の中国状況がリーマンショック再来にならないことを祈りつつ、不測の事態が到来した時の対策を考えてみましょう


4)年金について

先日、先輩医師から、

「この前、年金のお知らせが届いてさあ。金額見て驚いたのよ。こんなに少ないのかって。」とおっしゃられていました。

引退後の生活をリアルに思い描くことは、「資産形成」のモチベーションアップにもつながります。もしくは、「俺は年金だけでも十分に楽しめる」というツワモノもいるかも。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page